fc2ブログ

2006-12

 昨日、幼稚園から中学生までの同級生で、現同僚の女の子が亡くなりました。
自殺だそうです。ほんの数日前に電話で話をしたばかりだったのに・・・。
少し前から疲れているのかな?とか、悩みがあるのかな?という事を何となく感じていただけに、
あの時、もっと気の効いた事の一つでも言っていれば、ひょっとしたらこんな事にならなかったのではないか・・・
そういう事を思うと悔やんでも悔やみきれません。
夕方、自宅を訪問しましたが、そこで見た彼女のお父さんの姿は、自分がこれまでに見たことの無いほど悲しいものでした。
遺体と対面しましたが、まだ眠っているだけのようにも見え、揺すったら起きるんじゃないか、みんなグルになって自分を騙そうとしてるんじゃないかとさえ思えました。
 線香をあげて家を出ましたが、そこで涙が溢れだし、我慢できなかったので裏の山に登り、泣きながら遠回りをして帰りました。

 この文を読んだ方の中に、もし、自殺を考えている方が居られたら、今一度考えてみてください。
あなたが居なくなって、涙を流すであろう人が一人でも居るなら、あなたは死んではいけません。
命は自分一人だけの物では無いのですから。
スポンサーサイト



«  | HOME |  »

プロフィール

真奇

Author:真奇

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する